カーバイドのお客様
ポジション > > ブログ

超硬研磨とは?

1月 26, 2024 ビュー1,027

超硬研削とは、一般的に研削盤を用いた超硬合金の加工を指す。また、超硬研削ヘッド、超硬[...]などの研削盤で使用される超硬工具を示すこともある。

超硬合金研削とは、一般的に研削盤を用いた超硬合金の加工を指す。また、超硬研削ヘッド、超硬砥石、超硬サンディングベルトなど、研削盤で使用される超硬工具を示すこともある。

1.超硬合金の研削工程

超硬合金の研削は精密加工です。研削盤と砥粒を使用して プロセスカーバイド部品 様々な形に。

当社の工場事業:超硬部品、金型部品、医療射出成形金型、精密射出成形金型、テフロンPFA射出成形。電子メール:[email protected],whatsapp:+8618638951317。

研削の主な特徴

  • 高精度:高精度:高い寸法精度と表面粗さ(Ra0.63~0.01μm)を実現。
  • 様々な形に加工される。
  • 効率性:加工速度は遅いが、精度が高いため、微細な加工に適している。

カーバイド研削

2.研削盤および工具

研削盤(グラインダー)は、研削工具を使用して工作物の表面処理を行う。ほとんどの研削盤は高速回転する砥石を使用するが、ホーニング盤、超仕上盤、ベルトグラインダ、ラップ盤、ポリッシュ盤のように他の砥粒や自由研削材を使用するものもある。

研削盤の種類:

  • 円筒研削盤:円筒および円錐外面研削用。
  • 内面研削盤:円筒および円錐内面研削用。
  • コーディネート・グラインダー:座標位置決め装置付き精密内面研削盤。
  • センターレス研削盤:センタレス保持方式による円筒面研削用。
  • 平面研削盤:主に平面研削用。
  • ベルトグラインダー、ホーニング盤など:様々な研削作業に特化。

研削盤の進化は、高精度・高硬度の機械部品の増加や精密鋳造・鍛造技術の進歩と密接な関係がある。

3.炭化ケイ素研削工具

炭化ケイ素砥石は、炭素とケイ素の混合物を加熱して作られ、高い硬度と優れた耐摩耗性を示し、ステンレス鋼やその他の硬い材料の研削に適しています。

炭化ケイ素ホイールの用途:

  • ハードメタル:硬い金属表面のバリ取りと精度維持に効果的。
  • 光学ガラスと宝石:高能率、微粉砕、低ダメージを実現。
  • 各種金属:ステンレス、鋳鉄、鉄、真鍮、銅の研削に最適。
  • その他の材料:大理石、タイル、岩石、砂岩、石英、花崗岩、ダイヤモンドなどの研削に適しています。

結論として、炭化ケイ素砥石は汎用性があり、硬質金属からガラス、セラミック、様々な金属や非金属まで幅広い材料を扱い、その効率的な研磨能力で満足のいく研削結果を提供する。

インタラクティブ・セグメント次のような経験はありますか? カーバイド研削?この重要な産業プロセスに対する私たちの理解を深めるために、あなたの見識を共有したり、アドバイスを求めたりすることを遠慮なくしてください。